ロンドン・フォトグラファーに必要なこと

最近メイクのアキさんとも話していたんですが、イーストロンドンにいる意味があまりないんですよね。もちろんフォトグラファーとしてです。友達はたくさんいるし楽しいイベントもいっぱいあります。ただお仕事となるとウェストエンドに出向くことが圧倒的に多いですね。

最近はフットワークについて考えさせれます、自分は要するに自営業なので営業メールや電話にすごく時間を費やします。 実際撮影している時間と変わらないかもしれません。

そこでリスポンスがあったクライアントにすぐにアポを取って会いに行くといろんな話が進むような気がします。

だれか偉い人が「とにかく人に会え」と言っていましたね。

たまに信用できる友達にビジネスの話を聞いてもらいに行きます。一人で考えるのも限界があるので。

今日もこれからミーティングです。

家族のために頑張ります。

ロンドン コマーシャル フォトグラファー

日本でフォトグラファーとして活動したことはないですが印象としてはロンドンの方が競争率が高い気がします。 ロンドンはヨーロッパ中もしくはユーラシア大陸全体からフォトグラファーが集まっているようで、いろんな現場で様々な国からの人に会います。 フランスやドイツからの友人は何人かいますし、ロシア、ベトナムから来ている人にも会った事があります。 日本にいると日本人以外の写真家に会うことは稀な気がするので、こちらだと凄く刺激になります。

IMG_0007.JPG

読んだり聞いたりした話なので、間違っていたら指摘してほしいですが、日本では師匠に付いたりスタジオ勤務を経てフリーランスになるのが王道なようで、そういった事をあまり重視しない欧州クライアントがいる事が影響しているのかもしれません。

逆を言えば確かな経験を積んでフリーランスになる日本のフォトグラファーは基礎がしっかりしていて誰に頼んでもいい仕事をしてくれるのかもしれません。写真のクオリティにしてもビジネスのスムーズさにしても。

誰でも性能のいいカメラが買える時代、経験はさておきクリエイティブな業界に跳びこんで挑戦する写真家たちにはいつも刺激を受けます。

型にはまらずに常に新しい事をクリエイトしていく姿を見て危機感を覚えつつ毎日の原動力になっている気がします。

フォトグラファーが多い分頑張らないとロンドンではすぐに埋もれてしまいそうです。

今日は日曜日ですがこれから打ち合わせです。 家族のために頑張ります。